最新|NHKの受信料を払わなくても違法ではありません!

生活情報

NHKは払いたくないという人向けに丁寧に解説

そもそも無視してOKな場合

テレビやワンセグがない場合

そもそもテレビやワンセグがなければNHKからの郵便や通知は一切完全無視してOKです!
テレビアンテナがあっても契約の必要はありません。

きぱり!

テレビがないのにNHKが訪問してきた場合はどうするの

テレビ、ワンセグがなければ、「テレビ、ワンセグありません」とはっきり言いましょう!

この際にドアを開ける必要はありません。ドア越しに「テレビ、ワンセグありません。」で問題ありません。

では、テレビがあって、NHKの受信料を支払いたくない人はどうすればいいの?

では本題!

テレビがあってもNHKの受信料を払いたくない場合

NHKの放送受信契約は複雑そうに見えて実は単純です。

重要なのは2点だけ

  • NHKとの契約は義務ですが契約しないからといって罰則はなし!

運転中に「とまれ」を忘れれば、罰金を払う必要があります。

NHKとの契約は罰則ありません。

  • NHKとの契約は義務ですが、支払は義務ではありません。

つまり

払わなくても法律違反でないということです。

逆に、今NHKの方が、弁護士法で訴えられているんが実情です。

家に「ピンポン」とくるあのおじさんたちです。

あの、おじさんたち(訪問員)は実は弁護士法違反ではないかと訴えられています。

不要なサービスにお金を払い続けるのはイヤ

NHKは公共料金と言っていますが、他の公共料金である電気や水道、ガスなどなくては生活できない公共サービスでも支払わなければ、止められます。

なぜか

NHKだけは見ていなくても、不要といっても請求が続きます。

あれ?

何かおかしくないですか。

では、訪問員が来たらどうすればいいでしょうか?

とにかく録音!|証拠を残す

先ず、NHKが来たらドアを開ける前に録画、録音の用意をしてください。

録画ボタンを押した状態でポケットに入れておけば音声をとることは可能です。

「私は契約したくありません。お帰りください。」と伝えればOKです。

帰ってと言っているにもかかわらず、その場を立ち去らなければ直ちに違法行為となります。

その際の証拠となりますので、録音は絶対に忘れないようにしましょう。

証拠がなければ、警察も動きようがありません。

テレビの設置日がわからなければそもそも契約できない

NHKとの契約日はテレビの設置日となっています。

これはNHKの契約書です。

ここで拡大している箇所にテレビを買った日と記入日が同じ場合は記入は不要と書いてあります。

テレビと買ってその日にNHKと契約する人はほぼいないと思われます。

ですが、ここにこのような記載があるのは、NHKがテレビの設置日がわからない人に向けたトラップです。

逆にこのことを逆手に取ることもできます。

設置日を覚えていなければ、「テレビを設置した日は覚えていません。」とはっきり言いましょう。

この時に、訪問員が本日の日付でよいといえば、NHK側が放送法違反となります。

あとで、録音を根拠にNHKを訴えることも可能です。

重要なことは、テレビの設置日がわからなければ契約はできないということです。

私は、NHK自体が嫌いでこういうことを書いているのではありません。

一番の問題は、必要ない人にまで電波を届けて金銭を徴収するは放送法自体があまりにもおかしいと考えるからです。

まとめ

NHKとの受信契約の義務はあるが、支払いの義務ではない

放送法に罰則はない。つまり契約しなくても特に罰則はなし。

契約済みの方も、受信契約と支払は別の話ですので、NHKは民事裁判をして個別に取り立てないといけません。

契約して不払いしている人は5年の時効の援用を用いる。(5年以上は遡って支払う必要なし)

契約時は録音することで、逆にNHK側を弁護士法違反で追及することもできる。

それでも怖い人は?

NHKに関する各種トラブルについて対応してくれますので、心配であれば相談してみましょう。

NHK党電話相談センター
営業時間:9:00〜23:00
電話番号:03-3696-0750

家族がすでに契約済みで解約できない場合

NHKとの契約はできるのですが解約はできません。

実際に私は、テレビがないから解約したいとコールセンターに電話をかけたら、テレビを破棄した証明書を送れと言われました。

は???

ほんとに、???ですよね。

この場合は、別の家族などに名義を変えて不払いする方法があります。

例えば父親⇒息子

その後、父親の延滞分まで息子に請求書が来るが無視する。

実際に、お父様が過去に契約し、お子様に契約を変更した場合、過去の受信料をお子様へ請求する裁判は今のところNHKは行っていません。

NHKの未払いはブラックリストに載らない

例えば、クレカなどを延滞すると、CICの信用情報にその情報が載ります。

NHKの不払いはこれらの情報機関とはつながっていませんので、安心してクレカの申し込みもできます。

契約者のみに電波を送るスクランブル放送は何年も前にできるようになっています。

WOWOWも、スカパーも契約者以外は見れませんよね。

もちろん、NHKの不払いをすすめるものではありませんが、きちんと法律を理解したうえで自分で考えることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました