田んぼの水やりを自動化

生活情報
スポンサーリンク

田んぼの水やりの自動化してみた

太陽光を使えば田んぼの水は簡単に管理できます!

こんな感じですね。

廃棄する太陽光パネルを電源に使いました。パネル自体はどんなパネルでもOKです。

電源に使用するバッテリーはスクラップ屋から800円で買ってきました。

スイッチングレギュレータ(黒色)はamazonで買いました。2000円くらい。

これは、太陽光からの電気をバッテリーにためるための機器です。さらに、発電していない時はポンプに電気を供給してくれます。通常バッテリーの電圧は12Vですので12Vのポンプがいいです。

ライトがついている基盤は水位センサーです。こんな感じで田んぼの水位を感知します。

この水位センサーの上部までくればポンプを停止します。また、下部までくるとポンプを再開します。雨の日なんかは便利ですね!

ただこの水位センサーの電圧は5Vが必要です。12Vをバッテリーから供給するとセンサーが壊れてしまします。

そこで

ちょっと見にくいですが、センサー用の電源はダウントランスを使って12V→5Vにします。

ポンプはDC12V用ですね。

まとめ

毎日の面倒な田んぼの水やりを完全自動化してみました。

皆さんもぜひ試してね。今回かかった費用は約8,000円。

知っているだけで大変な作業を簡単にできます!人生有限ですから^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました